ひびのこづえ ハンカチ
環釜 たまきがま トルコ釉 グラス
リロンデル
 KAY BOJESEN Cutlery (カイ・ボイスン カトラリー)
FD STYLE / 新潟県燕三条 錆びにくく・軽い鉄のフライパン
仙台ガラス Sendai Glass
黒い玄昌石皿(雄勝石)
及富/ 南部鉄器
創作こけし 花こよみ
桜皮細工 樺細工/かばざいく お茶の時間が待ち遠しい 秋田県角館/富岡商店
COFFEE MILL / コーヒーミル
 カードケース
SIWA 和紙への概念を変える
オールドパイレックス
作る、盛りつける、保存する――食事にかかわるすべてが愉しくなるような、耐熱ミルクガラスのあか抜けたカラーとプリント、お洒落な存在感。そのその丈夫さ。1914年にアメリカで登場したほっこりかわいい調理器具は、まだまだ、現役です。
N.Y.とその近郊から取り寄せています。

アメリカンミッドセンチュリーの花

20世紀のアメリカで、モダンなキッチンを便利に豊かに支えるために生まれた、コーニング社の「パイレックス」。
その丈夫な耐熱ガラスは、金属食器や、重く割れやすい陶器中心だった食卓に、
そのスタイルを変えるほどに迎え入れられました。
1930年代リリース、透明ガラスへのチューリップ・プリントの品も、当時初めてのこと。
さらに1940~70年のミルクガラス全盛時代には、カラフルで愉しいシリーズとしてダイニングを飾りました。
これが、今なお世界中にファンを持つ「オールドパイレックス」です。

高品質で売上げ減、パイレックス誕生話

1851年創業のコーニング社を支えたのは、鉄道信号に使われるほど強いガラスの技術でした。
ところが、あまりに製品が割れないため、やがて受注が行きづまっていきます。
そこで出たアイディアが家庭への応用。
物理博士により、鉛を使わないホウケイ酸ガラスが開発され、パイレックスは生まれました。
1920~30年の大恐慌には、購買欲を刺激する短命の製品なども登場した苦しい時代に、コーニング社は「ニーズに応える高品質を守る」という戦略を貫きました。
そんな心は今も受けつがれているのは、ご存知の通り。
その原点ともいえるのがオールドパイレックスなのです。

キッチンから小物入れまで

パイレックス商品の返品について

当店では、特別な場合は記載しますが、たとえば表面の小さなスクラッチ(使用傷)や、
小さなプリントなどについては、キズモノ・不良品などの記載やご対応はいたしません。 
なお、当店では、あまり状態が良くないと判断した品は出品しておりません。
また、当店はインテリア品として品物をご紹介しております。

現在、商品はございません。