ひびのこづえ ハンカチ
環釜 たまきがま トルコ釉 グラス
リロンデル
 KAY BOJESEN Cutlery (カイ・ボイスン カトラリー)
FD STYLE / 新潟県燕三条 錆びにくく・軽い鉄のフライパン
仙台ガラス Sendai Glass
黒い玄昌石皿(雄勝石)
及富/ 南部鉄器
創作こけし 花こよみ
桜皮細工 樺細工/かばざいく お茶の時間が待ち遠しい 秋田県角館/富岡商店
COFFEE MILL / コーヒーミル
 カードケース
SIWA 和紙への概念を変える
つつみのおひなっこや
詳細はこちら
  • NEW
商品コード:
ttm0-005-151217

福の神が鎮座する愛らしい仙台の縁起物!

【仙台張子】 【松川だるま】 つつみのおひなっこや - だるま 大黒様 6寸18cm 【伝統的工芸】

販売価格(税込):
2,160
ポイント: 20 Pt
関連カテゴリ:
インテリア雑貨
2,000円〜2,999円
Starry JAPAN > 伝統工芸品
ブランド別 > くらふとくらす > つつみのおひなっこや
◆お腹の大黒様がたくさんの福を連れてきてくれそうな宝尽くしの縁起物「松川だるま」。
顔まわりには海老熨斗(のし)を表した水玉模様。胴体脇には“寿”の字を書きくずした梅の木に花が咲きほこります。
◆伝統工芸品としても人気の品、神棚から飾り棚、リビングや玄関に飾れば、その四方八方を見る大きな瞳で家内安全や無病息災を見守ってくれます。

◇東北・伊達藩の堤町から江戸期の古型(人形の型)を継ぐ数少ない伝統工房「つつみのおひなっこや」、そこで手作業で作られる「松川だるま」は、なかなかネットで出回らない希少な品です。

【仙台張子 松川だるま】
天保年間(1830~1844年)、伊達藩藩士・松川豊之進が創始したと伝えられている「仙台張子」。その仙台張子の代表格として作られている「青いだるま」が「松川だるま」です。
その特徴は、青の色使いと、はじめから目が入っているところ。
顔周りの群青色は武士に愛されていた高貴な色で仙台の空や海を表現しており、黒々とした両方の瞳は、四方八方を見渡し、子供の健やかな成長を願うために作られてきました。
今でも仙台では、年の初めに縁起のいい、このだるまを神棚などに祀り家を一年間見守ってもらう慣わしがあります。

商品仕様
材質 張子(仙台張子)、粘土
高さ 約18.0cm
幅・奥行 幅 約14.0cm
奥行 約14.0cm
重さ 約355g
塗料 胡粉(ごふん)
制作 佐藤明彦 / 宮城県仙台市
指定 宮城県知事指定伝統的工芸品
*作品は工人の手で成形し1つずつ彩色しています。1つごとにわずかな個性がありますのでご了承ください。
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。