津軽塗 漆の小さな宇宙 Starryくらふとくらす

よーく見ると、
きらきら輝いてるみたいです。

何層にも色うるしを重ねて
磨いて、中のうるしの色をだす。
また漆をかける。磨く。
愛情がなければできないしごとです。

冬は純白の雪にとざされる
青森・津軽の平野で、
こんなに”あざやかな”いろが
あるなんて不思議な感じ。
たからものみたいです。

器や小物入れとして
ぜひ、まいにちのおそばに。

青森県津軽地方。ここで江戸時代から作られる伝統漆器、津軽塗。
唐塗(からぬり)はその代表格。星空とも蛍ともつかぬ紋様で、人気の高い技法です。
これ、ならした下地に漆で斑点模様をつけ、七日ほど乾かしてから彩漆で市松模様をつけていきます。さらに化粧漆をほどこしてから、仕上がりの色の漆を塗り、塗りかさねた漆を炭や砥石で研いで中の色紋(断紋)をおもてに現し、さいごに艶漆を摺り重ねて仕上げる技法です。
唐塗独特の複雑な斑点模様は、何度も塗っては乾かし、そして研ぐというしごとを繰り返し、ぜんぶで四十八もの工程から生み出されるんですよ。
完成までには最低でも一ヶ月半〜二ヶ月を要します。どこにだしても素敵な手しごとです。

津軽塗 / 青森県 弘前市 商品一覧

2件の商品がございます。

須藤賢一 作 / 青森県 弘前市

小物入れ 濃茶 【唐塗】

販売価格(税込): 4,950

◆濃茶
◆青森の津軽塗の代表格、唐塗より。46工程もの手間が「馬鹿塗り」なんていわれるほどの品。どこにだしても堂々とした、愛情あふれる凛と素敵な仕事です。
◆堅牢で実用性に富むこの器、どう使うかはアイディアしだい。金平糖やミニ菓子を入れて、お客様へ出すのも格好がつくし、お気に入りのアクセサリーをポンっとまとめたり。内側の漆黒が、中身を美しく見せますよ。

商品仕様
須藤賢一 作 青森県弘前市
材質 木材、漆
濃茶 / 黒に近いこげ茶。光が当たると黄金に輝き、絢爛な孔雀が羽を広げたような優美な風合いです
サイズ 高さ4.5cm・Φ約9cm
重さ 約70g
須藤賢一氏経歴 32回全国伝統的工芸品公募展 経済産業省製造産業局長賞(平成19年度)/ 第31回全国伝統的工芸品公募展 NHK会長賞(平成18年度)/ 東北経済産業局長表彰 伝統工芸師(平成18年度)
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

須藤賢一 作 / 青森県 弘前市

小物入れ 朱 【唐塗】

販売価格(税込): 4,950

◆朱色
◆青森の津軽塗の代表格、唐塗より。46工程もの手間が「馬鹿塗り」なんていわれるほどの品。どこにだしても堂々とした、愛情あふれる凛と素敵な仕事です。
◆堅牢で実用性に富むこの器、どう使うかはアイディアしだい。金平糖やミニ菓子を入れて、お客様へ出すのも格好がつくし、お気に入りのアクセサリーをポンっとまとめたり。内側の漆黒が、中身を美しく見せますよ。

商品仕様
須藤賢一 作 青森県弘前市
材質 木材、漆
朱 / 落ちついた深みのあるジャパンレッド、きれいな朱です。手仕事が成せる赤の色味。
サイズ 高さ4.5cm・Φ約9cm
重さ 約70g
須藤賢一氏経歴 32回全国伝統的工芸品公募展 経済産業省製造産業局長賞(平成19年度)/ 第31回全国伝統的工芸品公募展 NHK会長賞(平成18年度)/ 東北経済産業局長表彰 伝統工芸師(平成18年度)
数量: